作品情報

アカデミー賞〈作品賞〉〈監督賞〉〈主演女優賞〉受賞
ゴールデン・グローブ賞〈作品賞(ドラマ部門)〉〈監督賞(映画部門)〉受賞

ノマドランド

<新たな時代に突入した映画界の先頭に立つ新鋭クロエ・ジャオ>

世界で最も長い歴史を誇るベネチア国際映画祭:金獅子賞と、オスカーに最も近い賞との呼び声も高いトロント国際映画祭:観客賞を史上初のW受賞。世界各国のメディアから大絶賛を浴び、レビューサイトRotten Tomatoesで97%Fresh(2021.1.10時点)という破格の評価を獲得。
監督は、前作『ザ・ライダー』で映画賞43ノミネート24受賞という栄誉に輝いたクロエ・ジャオ。マーベル・スタジオが贈る最新ヒーロー超大作『エターナルズ』の監督にも大抜擢された新鋭だ。
今、絶対に見逃せない一本が、いよいよ日本公開を果たす。

<2度のオスカーに輝くマクドーマンドが、実在のノマドたちと共演>

企業の破たんと共に、長年住み慣れたネバタ州の住居も失ったファーンは、キャンピングカーに亡き夫との思い出を詰め込んで、〈現代のノマド=遊牧民〉として、季節労働の現場を渡り歩く。その日、その日を懸命に乗り越えながら、往く先々で出会うノマドたちとの心の交流と共に、誇りを持った彼女の自由な旅は続いていく──。
ファーンを演じるのは、『スリー・ビルボード』で2度目のオスカーを手にしたフランシス・マクドーマンド。実在のノマドたちのなかにマクドーマンド自らが身を投じ、彼らと路上や仕事場で交流し、荒野や岩山、森の中へと分け入っていく。ジャオ監督と共に、ドキュメンタリーとフィクションの境界線を軽々と超えて、全く新しい表現ジャンルを切り開いた。

<アメリカの大自然を背景に今この時代を希望で照らす感動作>

原作は全米から始まった大きな反響が、世界にも広がっていったジェシカ・ブルーダーのノンフィクション。果たして、ファーンが見つけた〈私の生きる道〉〈生きる場所〉とは──?
誰もが初めて経験する新しい時代を生き抜く希望を、広大なアメリカ西部の美しくも厳しい自然の中で発見するロードムービー。

スタッフ

監督・製作・脚色・編集:
クロエ・ジャオ(「ザ・ライダー」)
原作:
「ノマド 漂流する高齢労働者たち」(ジェシカ・ブルーダー著/ 春秋社刊)

キャスト

フランシス・マクドーマンド
(「スリー・ビルボード」)
デヴィッド・ストラザーン
(「グッドナイト&グッドラック」)